よくある質問(FAQ)

デザイン制作についての質問・回答を掲載しています。

※質問をクリックすると回答が表示されます。

 

デザイン制作全般について


 

    Q どのようなデザインでも制作してもらえますか?

      A 基本的にはジャンル・内容を問わず制作可能ですが、以下に該当する場合はお引き受けいたしかねます。
       ●性的、暴力的、その他公序良俗に反する表現や内容を含むもの 
       ●特殊な加工が必要なデザインなど、当店では十分な対応が困難であるもの(お打合せの前後を問わず、当店からお断りする場合があります)

    Q 打合せをしないで、とりあえず見積もりだけお願いすることはできますか?

      A 正確なお見積りをお出しするためには、詳細(例:チラシに記載する情報量など)をヒアリングする必要がございます。このため、打合せ前にお見積りだけお出しすることは承っていません
      ※料金表に制作費の目安を記載していますので、参考にご覧ください。

    Q 打合せには料金がかかりますか?

      A 打合せの段階では料金は発生しませんので、ご安心ください。やむを得ず当日キャンセルする場合でも、事前のご連絡があればキャンセル料はいただきませんので、必ずご連絡いただきますようお願いします。

      ※2回目以降のお打合せには追加料金がかかります(1時間2,000円(税別)+交通費)。
      ※以下の各事項に該当する場合は、打合せまでの実費相当額として10,000円+交通費を請求いたします。
       ●当店からの質問に一切回答しないなど、最初から依頼する意向がないことが明らかな場合
       ●打合せを無断キャンセルした場合

    Q デザイナーの人柄を知りたいので、打合せの前に少しだけ話をすることはできますか?

      A オンライン(Zoomミーティング)での短時間の対話でよろしければ、お一人様につき一回限り、対応可能です。
      ※この場合、お話しする時間は最大30分となります。

    Q 発注を完了(契約を締結)した後にキャンセルする場合、着手金とは別にキャンセル料がかかりますか?

      A いいえ。着手金としていただいた金額(=デザイン料の全額)をキャンセル料に充当しますので、追加のお支払は不要です。
      ※何らかの事情により、着手金の支払いがない状態で制作を進行している場合は、キャンセル料のお支払いを請求いたします。また、着手金をお支払いいただいた後に追加料金が発生した場合は、追加料金のうちデザイン料に該当する金額をキャンセル料の残額として請求いたします。

    Q 制作にかかる期間はどれくらいでしょうか?

      A 目安は以下のとおりです。
      【 素材のご提供後、デザインが完成するまでの期間】
      ロゴ:10日
      A4チラシ(両面):2週間
      A4三つ折りリーフレット:3週間
      ※制作期間は、制作物の種類、掲載する情報量、混雑状況、お客様のご確認・返信の速さにより異なります。
       できるだけ余裕を持ってお問合せ・ご注文ください。
      ※印刷が必要な場合は、デザイン完成の約7~10日後に納品となります。

    Q 料金は個人と法人で異なりますか?

      A 同じ依頼内容であれば、同じ料金となります。ただし、法人のお客様の場合、個人のお客様より社内の確認に伴う修正回数が多かったり、使用方法及び範囲が多岐・広範になる場合があるかと思います。このような場合は、ご希望の内容に応じて追加料金がかかります。

    Q 領収書は発行してもらえますか?

      A 当店では領収書の発行はしておりません
        金融機関の払込受領書(ネットバンキングをご利用の場合は、払込完了画面)をもって領収書に代えさせていただきます。

 

著作権関係・損害賠償・クレーム対応について


~制作物の著作権は、東京メリーデザインに帰属します~

お客様からご依頼をいただいて当店で作成したデザインの著作権は、著作権法第17条の規定により、制作者である当店に帰属します。
このため、ご依頼いただいたお客様自身を含め、作成したデザインの色や形の改変、模倣(コピーデータを他社で制作するなど)・無断での二次使用を行うことはできません(著作権法違反となります。)。
※ロゴ及びビジネス資料の著作権については、以下の「Q デザインの著作権は譲渡してもらえますか?」をご確認ください。

 

    Q デザインの二次使用とはどういうことですか?

      A ある目的のために作ったデザインを、別の目的で使うことを「二次使用」と言います
      例えば、「ステッカーのために作ったデザインをチラシに使いたい」とお客様がご要望される場合、「二次使用料」のお支払いが必要になります。これは当店だけではなく、デザインを含むクリエイティブなビジネス全般に共通して言えることです。
      二次使用料は、使用される媒体の露出度や重要度によって異なりますが、当店では「デザイン料の50%~70%程度」と設定しています。なお、無断での二次使用を発見した場合は、「デザイン料の3倍」を請求いたします。

    Q デザインの元データをもらうことはできますか?印刷は自分で安い印刷会社に依頼したいのですが…。

      A デザインの元データは一部(※)を除きお渡しできません。お渡しできない理由は、印刷まで当店にお任せいただく前提でサービスを提供していることと、著作権保護のためです。納品後に更新・修正が必要な場合は、ぜひ当店にご依頼ください(デザインの大幅な変更ではなく、文言の修正のような軽微なものであれば、修正料金は数千円程度です。)。
      ※ロゴデザインは元データ(illustratorデータ)をお渡しします。また、ビジネス資料は元データ(PowerPoint(R)データ)をお渡しします。

      「印刷は安い印刷会社に依頼したいからデータがほしい」「増刷のたびに印刷代行料がかかるのが嫌なのでデータがほしい」という場合は、印刷入稿用のPDFデータ(アウトライン化したもの)を納品することも可能ですが、版下データ作成料金及びデータ譲渡料が別途かかります。著作権保護の観点から、この場合の追加料金は当初のデザイン料の3~5倍程度となります。

    Q デザインの著作権は譲渡してもらえますか?

      A 以下の例外を除き、いかなる場合も譲渡いたしません。また、著作権を譲渡する場合も、著作者人格権は当店に帰属し、ホームページやSNS等で実績として紹介する場合があります。

      【著作権を譲渡する場合】
      ●ロゴについて
      →著作権を譲渡しますが、著作権のうち「翻訳兼・翻案権等(著作権法第27条)」及び「二次的著作物の利用に関する権利(同法第28条)」は譲渡しません。
      ※つまり、原則として自由にご利用いただけますが、制作したロゴデザインに変更を加えたり、改変して新たなロゴを作ったりすると、著作権法違反となります。
      ●ビジネス資料(PowerPoint(R)で制作・納品するもの)について
      →著作権(第27条・第28条も含む)を譲渡しますが、表紙を含む全ページのデザイン(※)に関する著作権は譲渡しません。
      ※デザインについては、当該資料の制作目的の範囲内において、お客様の内部で作成・保有する場合に限り、使用を許諾します(第三者への譲渡は不可)。

    Q 制作物に関して第三者からクレームがあった場合、対応してもらえますか?

      A 制作物に関する第三者からのクレームその他の事情への対応について、当店は責任を負いかねます。デザイン制作が完了する前に、お客様において以下の事項などを慎重にご確認ください。
      ●著作権・肖像権の侵害の有無
      ●景品表示法など法令への違反
      ●社会通念上不適切な表現の有無

    Q 制作物に関して損害が発生した場合、損害を賠償してもらえますか?

      A 当店の責に帰すべき事由により、お客様が損害(現実に生じた直接かつ通常の損害に限り、逸失利益を含む特別損害を含みません。)を被った場合は、お客様からの請求に基づき、当店はお客様に対して損害を賠償いたします。ただし、納品日または損害が生じた日のいずれか早い日から起算して1年以内にお客様から請求があった場合に限ります。また、賠償する金額は、当該損害の原因となった事由に関する契約金額を上限とします。

      ※同様に、お客様の責に帰すべき事由により、当店が損害(同上)を被った場合は、お客様は当店に対して損害を賠償する責任を負うものとします。
      ※「当店の責に帰すべき事由」とは、例えば印刷物の入稿手続きにミスがあった場合など、当店にのみ責任があるものとします。デザインの表現や記載内容など、お客様の確認を経たものについては、当店はいかなる責任も負いません。

    Q 権利関係について、細かく決めすぎでは?

      A デザインの権利については、お客様はあまり詳しくないことが多く、デザイナーとの認識の違いからトラブルが生じることが少なくないようです。このため、デザイナー側から事前にしっかりとご案内しておく必要があります(もし、お客様がご依頼を検討しているデザイン制作会社(・店)のホームページに詳細な案内が記載されていない場合は、直接問い合わせるなどして確認することをお勧めします。)。
      お客様と気持ちよく末永いお付き合いをさせていただきたいと思っておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

ロゴデザインについて


 

    Q 商標登録をすることは可能ですか?

      A ご自由に商標登録の申請を行っていただけます。ただし、当店では商標登録に関する調査・代行手続きは行っておりません。最寄の弁理士・特許事務所などへご依頼をお願いいたします。

    Q 商標登録できなかった場合、料金を返金してもらえますか?

      A 商標登録の結果にかかわらず、返金はいたしません。商標登録について制作前にご相談いただいたロゴについて、商標登録が認めらなかった場合は、無償にて修正します。修正をご希望の場合は、特許庁から受領した「拒絶理由通知」の原本をご提示ください(通知の日付から1か月以内に当店にご連絡ください)。
      ※制作前にご相談がなかった場合は、修正の内容により費用をお見積りさせていただきます。

 

法人のお客様における契約について


 

    Q 法人の場合は契約書への署名が必要なのはなぜですか?

      A 個人のお客様の場合とは異なる以下の各事情を踏まえ、法人のお客様の場合は契約書への署名をお願いしております。何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
       ・実際にやりとりする担当者様(=個人)と契約の当事者(=法人)が異なること。
       ・お支払いの時期など契約に関する取扱いが各法人内の規定・ルールによるため、個別の取り決めが必要であること。

    Q 契約書への署名は決裁権限がない担当者名義でも構いませんか?

    Q 電子契約(クラウドサイン)ではなく、紙の契約書で契約を締結することはできますか?

      A 可能です。最初のお打合せ時にご相談ください。当店で紙の契約書を2通作成し、郵送にてお送りします。署名・押印の上、1通をご返送ください。
       ※印紙税がかかる場合、お客様のご負担にて2通分の収入印紙をご用意・貼付いただきますようお願いします。

PAGE